加入を悩む、学資保険

今、一歳になったばかりの子供がいます。その子供の教育費のために貯金をしています。主に、誕生日などでいただいたお金を貯金したり、私名義で終身保険に加入をして、いざというときに使用しようといった考えで貯金を殖やしています。最近、とても悩んでいることがあります。それは、学資保険にも加入しようかどうかという事です。学資保険は、会社によっても違いますが、他の保険に比べて返戻金がとても良いので、どうせ貯金をするのであれば、学資保険に加入をして、より多くのお金を効率よく貯金できる方法を選んだほうが良いのではないかな、と思っているからです。ですが、保険にばかりお金をはらっていると、いざという時に困ってしまうのではないかな、という考えも持っています。まだ時間はあるので、たくさん考えて、どうしようか決めようと思います。

子どものために学資保険を

子どもが生まれると、生命保険に入ったり、見直したりする人が多いようです。かわいい赤ちゃんを見ていると、その子の幸せを祈りたくなります。やはり親に何かあった時子どもが困らないような備えは必要ですね。時代は大きく変わってきていて、今は大学を出るのも普通という状況になりました。せめて経済的事情で進学をあきらめることがないよう、学費もきちんと考えて備えましょう。高校大学が私立ということだと、親が健在でも相当な学費がかかります。学資保険なら何かあった時の備えになりますし、何もなくても満期が来ればお金が戻ってきますので、学費の足しにすることが可能です。早く始めればそれだけ月々の金額を抑え、額の多いプランにすることができます。子どもが生まれた時に始めるという形が一番良いでしょう。子どもの幸せのために、今できることから始めていきましょう。

わが子のために学資保険

可愛い赤ちゃんが誕生するとこの子のためにしっかりと働かないといけないという気持ちになります。でも今の世の中どれだけ頑張って働いても、思った以上にお給料が伸び悩んでいます。もしかしたら、その赤ちゃんが成長した時に奨学金という借金を背負って大学へ通わせることになるかもしれないです。その奨学金の返済はかなり大変ですので、親であるあなたがしっかりと生まれたときから学資保険に入ってあげないといけないです。学資保険があれば学費にそれほど困ることなく子供の学費をねん出させることができます。解約時はちょうど大学進学の時に差し掛かってくるようになりますから、後はしっかりと毎月頑張って積み立てをしていってください。学費の面倒くらいは親御さんが最後までしっかりと責任を果たさないといけないので、ちゃんと加入してあげてください。

小学校受験は情報が少なく、噂や誤情報を鵜呑みにしてしまう親が多いと聞きます。 私もその一人で、子供を複数の幼児教室に通わせて詰め込み式の教育を行っていました。そんなときにママ友から聞いたのが全国24カ所にある幼児教室の伸芽会です。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。伸芽会は実績と経験から、毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。伸芽会なら詰め込み式の教育では得られない、小学校受験のための力が身につきます。